2020年の新月・満月カレンダー

2020年の月

月の満ち欠けの周期は、約29.5日です。

2019年末に部分日食があったばかりですが、2020年も日本で部分日食を見ることができます。

6月21日の新月の日、夕方17時頃です。北は北海道~南は沖縄まで、日本全域において好条件です。

これを逃すと次回は2023年となります。

2020年は半影月食と呼ばれる現象が、日本で3回見られます。

月食は、地球の影に月が入る現象です。

本影(完全な影)の中に月が入ることで欠けて見えるわけですが、本影の周りの半影(不完全な薄い影)に入る場合もあるのです。

この場合、月の形は変わりませんが、その明るさがわずかに暗く変化します。

1月、6月、11月の満月の日、注意深く月を眺めていると、その変化に気づくかもしれません。

最もオススメなのは、1月11日未明の半影月食です。

6月と11月は空が明るく、観察が難しいです。

また、11月30日の満月は、半影月食であると同時にブルームーンです。

1カ月の間に満月が2回巡ってくるときの、2回目の月をブルームーンと呼び、それを見ると幸せが訪れるとされています。

4月には今年最大の満月(スーパームーン)、10月には今年最小の満月(ミニマムムーン)が見られます。

10月の満月の2日前は栗名月。

是非夜空を見上げて楽しんでみてください。

補足事項として

このページでは、月に関わるスケジュールをお伝えしていますが、2020年に最も特筆すべきは、12月後半に起こる木星と土星の大接近です。

およそ20年に1度のことで、まさにビッグな天文イベントでしょう。

最も接近するのは12月21~22日、夕方の南西の空に見ることができます。

2020年の新月・満月カレンダー

2020年の新月・満月の日時を示したカレンダーです。

夜空を見上げる参考にしてください。

日付 時刻 特記事項
満月 1月11日(土) 4:21 半影月食(4:10頃)
新月 1月25日(土) 6:42
満月 2月9日(日) 16:33
新月 2月24日(月) 0:32
満月 3月10日(火) 2:48
新月 3月24日(火) 18:28
満月 4月8日(水) 11:35 最大の満月(スーパームーン)
新月 4月23日(木) 11:26
満月 5月7日(木) 19:45
新月 5月23日(土) 2:39
満月 6月6日(土) 4:12 半影月食(4:25頃、日出時刻のため条件は悪い)
新月 6月21日(日) 15:41 部分日食(6/21 17:10頃が食の最大)
満月 7月5日(日) 13:44
新月 7月21日(火) 2:33
満月 8月4日(火) 0:59
新月 8月19日(水) 11:42
満月 9月2日(水) 14:22
新月 9月17日(木) 20:00
満月 10月2日(金) 6:05 10/1が中秋の名月(芋名月)
新月 10月17日(土) 4:31
満月 10月31日(土) 23:49 最小の満月(ミニマムムーン)、10/29が十三夜(栗名月)
新月 11月15日(日) 14:07
満月 11月30日(月) 18:30 半影月食(18:43頃)
新月 12月15日(火) 1:17
満月 12月30日(水) 12:28

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする