2019年3月の天文ニュース

◆ 木星が西矩(3月14日)

◆ 水星が内合(3月15日)

木星が西矩(3月14日)

木星が西矩となり、未明~明け方に観察できます。

へびつかい座にあり、明るさはマイナス1.9~2.1等。

4月11日には留となり、逆行に転じます。

 

西矩、留の説明はこちら

水星が内合(3月15日)

2月27日に東方最大離角となった水星が、3月15日に内合を迎え、夕方の西の空から姿を消します。

4月12日には西方最大離角となり、明け方の東の空で観察好機となります。

 

内合、東方最大離角、西方最大離角の説明はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする