西洋占星術 ホロスコープ上の惑星を読む③ ~アスペクトの意味~

惑星同士が形成するアスペクトのもつ意味を紹介します。

この記事に記載しているのは、あくまで基本的な意味です。

ホロスコープを詳しく読み解く場合には、惑星の入る星座(サイン)の影響や、ハードアスペクト・ソフトアスペクトなどを考慮して、総合的に判断します。

目次

1. 公転周期の短い惑星が作るアスペクト

2. 公転周期の長い惑星が作るアスペクト

3. まとめ

1. 公転周期の短い惑星が作るアスペクト

太陽と月、水星~火星までの公転周期の短い惑星は、短い期間でその位置関係が移り変わります。

そのため、個人のもつ性格や運勢を見るのに適しています。

太陽のアスペクト

太陽と月:

「自我」の太陽と「感情」の月が結びつく。自分の意見をはっきりと持つ人。

コンジャンクション(0°)は新月、オポジション(180°)は満月です。

太陽と水星:

「自我」の太陽と「知性」の水星が結びつく。高い知性、秀でた言語能力。

太陽と水星は28°以上離れないため、成立するアスペクトはコンジャンクション(0°)とセミセクスタイル(30°)のみです。

太陽と金星:

「自我」の太陽と「美的感覚」の金星が結びつく。美しい人、芸術への興味、甘え上手。

太陽と金星は46°以上離れないため、成立するアスペクトはコンジャンクション(0°)、セミセクスタイル(30°)、セミスクエア(45°)です。

太陽と火星:

「自我」の太陽と「情熱」の火星が結びつく。負けず嫌い、タフな肉体と精神、せっかち。

太陽と木星:

「自我」の太陽と「幸運」の木星が結びつく。おおらか、礼儀正しい、楽観的。

太陽と土星:

「自我」の太陽と「忍耐」の土星が結びつく。責任感が強い、ストイック。

困難を克服すれば、成功者となりやすいアスペクト。

太陽と天王星:

「自我」の太陽と「独創的」な天王星が結びつく。個性的な性格、自立心が強い。

太陽と海王星:

「自我」の太陽と「夢見る」海王星が結びつく。想像力が豊か、感受性が強い、理想主義的。

太陽と冥王星:

「自我」の太陽と「絶対権力」の冥王星が結びつく。強い信念、野心をもつ。

月のアスペクト

月と水星:

「感情」の月と「知性」の水星が結びつく。思ったことを表現できる、察しが良い。

月と金星:

「感情」の月と「美的感覚」の金星が結びつく。愛らしさ、優しさ、豊かな暮らし。

月と火星:

「感情」の月と「情熱」の火星が結びつく。勝気、活動的、怒りっぽい。

月と木星:

「感情」の月と「幸運」の木星が結びつく。吞気で寛大、同情心が強い。

マザーコンプレックスの一面も。

月と土星:

「感情」の月と「忍耐」の土星が結びつく。落ち着いた性格、謙虚さ、義務を果たす。

月と天王星:

「感情」の月と「独創的」な天王星が結びつく。個性的な思考、我が道を行く。

月と海王星:

「感情」の月と「夢見る」海王星が結びつく。敏感な心、スピリチュアル。

激しい競争には向かない一面も。

月と冥王星:

「感情」の月と「絶対権力」の冥王星が結びつく。多感で自尊心が強い。

水星のアスペクト

水星と金星:

「知性」の水星と「美的感覚」の金星が結びつく。知的な趣味をもつ、人付き合いが良い。

水星と金星は76°以上離れないため、成立するアスペクトはコンジャンクション(0°)、セミセクスタイル(30°)、セミスクエア(45°)、セクスタイル(60°)、クインタイル(72°)です。

水星と火星:

「知性」の水星と「情熱」の火星が結びつく。頭が切れる、ストレートな物言い。

水星と木星:

「知性」の水星と「幸運」の木星が結びつく。豊かな知性、良識がある。

水星と土星:

「知性」の水星と「忍耐」の土星が結びつく。聡明、思慮分別がある。

水星と天王星:

「知性」の水星と「独創的」な天王星が結びつく。才気がある、勘が鋭い。

水星と海王星:

「知性」の水星と「夢見る」海王星が結びつく。繊細な心、直観力がある。

水星と冥王星:

「知性」の水星と「絶対権力」の冥王星が結びつく。タフな心、専門的知識をもつ。

金星のアスペクト

金星と火星:

「美的感覚」の金星と「情熱」の火星が結びつく。恋愛に積極的、情が深い。

金星と木星:

「美的感覚」の金星と「幸運」の木星が結びつく。社交的、人に好かれる。

金星と土星:

「美的感覚」の金星と「忍耐」の土星が結びつく。真面目な恋愛、奥手。

金星と天王星:

「美的感覚」の金星と「独創的」な天王星が結びつく。自由奔放な恋愛、電撃結婚。

よく考えて結婚しないと、離婚しやすい傾向も。

金星と海王星:

「美的感覚」の金星と「夢見る」海王星が結びつく。ロマンチック。

恋愛に理想をもち過ぎると、うまくいかないことも。

金星と冥王星:

「美的感覚」の金星と「絶対権力」の冥王星が結びつく。魅力的、異性にモテる。

火星のアスペクト

火星と木星:

「情熱」の火星と「幸運」の木星が結びつく。エネルギッシュでおおらか。

火星と土星:

「情熱」の火星と「忍耐」の土星が結びつく。自分に厳しい、不屈の精神。

火星と天王星:

「情熱」の火星と「独創的」な天王星が結びつく。意志が強い、ユニークな個性。

火星と海王星:

「情熱」の火星と「夢見る」海王星が結びつく。感情表現が豊か。

夢破れる経験をすることもあるが、カリスマ性があるアスペクト。

火星と冥王星:

「情熱」の火星と「絶対権力」の冥王星が結びつく。スタミナがある、並外れたエネルギーをもつ。

強迫観念をもつ一面も。

2. 公転周期の長い惑星が作るアスペクト

木星~冥王星までの公転周期が長い惑星は、比較的長い期間、その位置関係を維持しています。

そのため、個人の運勢を見るよりは、時代的な影響を見るのに適しています。

木星のアスペクト

木星と土星:

個人においては、財産や地位を築くアスペクトです。

同時に、時代の転換を示すアスペクトでもあります。

特に、木星と土星のコンジャンクション(0°)のことを、「グレート・コンジャンクション(大合)」と呼びます。

グレート・コンジャンクションは約20年周期で、同じ元素の星座(サイン)で繰り返し起こります。

サインの分類(4元素)についての説明はこちら。

西洋占星術の基礎知識➀ ~黄道12宮~

火の宮→地の宮→風の宮→水の宮の順に、1つの元素につき約240年間、グレート・コンジャンクションが繰り返されます。

この、次の元素へのシフトのことを「ミューテーション」と呼び、時代が変わるタイミングと捉えます。

西暦2000年に起きたグレート・コンジャンクションは、地の宮での最後のグレート・コンジャンクションです。

西暦2020年のグレート・コンジャンクションから、風の宮へ移ります。

木星と天王星:

コンジャンクション(0°)が約14年周期で起こります。

技術の進歩など、世の中を前進させるアスペクトです。

個人においては、自己実現や独創的な思考を示します。

木星と海王星:

コンジャンクション(0°)が約13年周期で起こります。

インフレが起こり、経済情勢が不安定になるアスペクトです。

個人においては、博愛主義や豊かな情緒を示します。

木星と冥王星:

コンジャンクション(0°)が約12年周期で起こります。

経済原理の変化や核問題など、社会の破壊と再生にまつわるアスペクトです。

個人においては、集団を導く能力や宗教的な信念を示します。

土星のアスペクト

土星と天王星:

コンジャンクション(0°)が約45年周期で起こります。

戦争や不況、異常気象などを示すアスペクトです。

個人においては、強い精神力や真理の追究を示します。

土星と海王星:

コンジャンクション(0°)が約35年周期で起こります。

モラルの低下や、社会的秩序の混乱を示すアスペクトです。

個人においては、社会的なルールに抗う傾向があります。

土星と冥王星:

コンジャンクション(0°)の周期は未定。

支配に対する抵抗が起こるアスペクトです。

個人においては、忍耐力や自制心の強さを示します。

天王星のアスペクト

天王星と海王星:

コンジャンクション(0°)が約171年周期で起こります。

西暦1993年頃にタイトなコンジャンクションが起きています。

思想的な転換を示すアスペクトです。

個人においては、インスピレーションや神秘的なものへの興味を示します。

天王星と冥王星:

古い体制を壊し、新しい価値観を生むアスペクトです。

西暦1965年頃にタイトなコンジャンクションが起きています。

個人においては、改革を求める姿勢や、目的達成のための不屈のガッツを示します。

海王星のアスペクト

海王星と冥王星:

西暦1890年代にコンジャンクションが起きています。

時代的な影響はまだよくわかっていません。

個人においては、神秘的な才能や、自分の内面を見つめることを示します。

3. まとめ

それぞれの惑星同士が作るアスペクトの意味を見てきました。

この記事に示した以外にも、様々な読み解き方があります。

天王星・海王星・冥王星の作るアスペクトは、その公転周期の長さから、アスペクトを形成した実績が少なく、まだはっきりと解明されていません。

今後、アスペクトのもつ意味が書き換えられる可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする