西洋占星術のホロスコープ② ~パート・オブ・フォーチュンの求め方~

ネイタル・チャートから、パート・オブ・フォーチュンの位置を求める方法を紹介します。

パート・オブ・フォーチュンはホロスコープに入っていないことが多いので、自分で計算しましょう。

パート・オブ・フォーチュンの位置が分かれば、180°反対にあるパート・オブ・スピリットの位置も分かります。

パート・オブ・フォーチュンの説明はこちら。

西洋占星術の基礎知識③ ~惑星と特異点~

パート・オブ・フォーチュンの求め方

1997年6月1日13時に東京都で生まれた人のネイタル・チャートから、パート・オブ・フォーチュンを求めてみます。

手順➀:おひつじ座のサインの始まりを0°にする。

ネイタル・チャートの、おひつじ座の始まりを0°にします。

手順②:ASCまでの角度を求める。

1つの星座(サイン)を30°として、ASCまでの角度を求めます。

ASCは、おひつじ座から数えて7つ目のサインの始まりにあります。

よって30°×6星座で、ASCまでの角度は180°です。

ASCがサインの途中にある場合(※惑星も同様)

例に用いたネイタル・チャートでは、サインの始まりがASCと一致していますが、ASCがサインの途中にある場合もよくあります。

ホロスコープを作成すると、ASCやMC、各惑星の位置する度数が付いています。

たとえば、ASCがおとめ座の26°となっているならば、ASCはおとめ座のサインの始まりから26°のところにあるという意味です。

この場合、おひつじ座~しし座までの角度30°×5星座と、26°を加算して「ASCまでの角度は176°」となります。

手順③:太陽までの角度を求める。

例に用いたネイタル・チャートでは、太陽はふたご座の10°にあります。

よって、おひつじ座・おうし座の30°×2星座に、10°を加算します。

太陽までの角度は70°です。

手順④:月までの角度を求める。

例に用いたネイタル・チャートでは、月はおひつじ座の17°にあります。

よって、月までの距離は17°です。

手順⑤:パート・オブ・フォーチュン(PoF)を求める。

以下の式でパート・オブ・フォーチュンを求めます。

\(PoF\) = \(ASC\)+月-太陽

手順②~④で求めた角度を入力します。

\(PoF\) = \(180°\)+\(17°\)-\(70°\)= \(127°\)

従って、パート・オブ・フォーチュンは、おひつじ座のサインの始まりから127°の位置にあります。

従って、しし座の7°に位置することが分かりました。

ネイタル・チャートにパート・オブ・フォーチュンを記入してみます。

180°反対にパート・オブ・スピリット(PoS)も書き込みましょう。

こうして、ネイタル・チャートからパート・オブ・フォーチュンを導くことができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする