占星術への招待一覧

NO IMAGE

西洋占星術 ホロスコープ上の惑星を読む② ~惑星のアスペクト~

惑星同士が作る角度のことを、アスペクトといいます。 この記事では、ホロスコープを読み解く上で重要な、特定のアスペクトについて紹介します。 影響の強いメジャーアスペクトと、補助的なマイナーアスペクトが存在します。 アスペクトの解釈の仕方と、ノーアスペクト(他の惑星からのアスペクトが無い惑星)についても説明します。

NO IMAGE

西洋占星術のホロスコープ② ~パート・オブ・フォーチュンの求め方~

ネイタル・チャートから、パート・オブ・フォーチュンの位置を求める方法を紹介します。 パート・オブ・フォーチュンはホロスコープに入っていないことが多いので、自分で計算しましょう。 パート・オブ・フォーチュンの位置が分かれば、180°反対にあるパート・オブ・スピリットの位置も分かります。

NO IMAGE

西洋占星術のホロスコープ➀ ~注目すべき3星座と2惑星~

西洋占星術における、ホロスコープの読み方を見ていきましょう。 出生日のホロスコープ(ネイタル・チャート)において、特に大きな影響を与える星座と惑星について説明します。 特に影響の強い星座は、上昇宮・太陽星座・月星座と呼ばれるものです。 惑星については、ライジング・プラネットとカルミネートに注目します。

NO IMAGE

西洋占星術の基礎知識② ~天球12室~

この記事では、ホロスコープ(天体の配置図)を読み解くための基礎知識を説明します。 その人が生まれた時間のホロスコープのことを、「ネイタル・チャート」といいます。 ホロスコープは円形をしており、12のハウスと、ASC、DES、MC、ICと呼ばれる点があります。

NO IMAGE

西洋占星術の基礎知識➀ ~黄道12宮~

まずはじめに、黄道12宮について見ていきましょう。 おなじみの12星座により天球(地球を中心とした球。天動説では、この球上を惑星や星座が運行する。)を分類したものですが、実際の星座の位置とは異なります。 言うなれば、天球に定められた住所のようなものです。 占星術の基本となる知識ですので、間違いのないようにしましょう。